御料理 大嵓埜(おおくらの) ダイナースエグゼクティブダイニング その2

今回のエグゼクティブダイニングは、大阪にある御料理 大嵓埜。電車で行くなら北新地駅が近いかな。

結論から言えば、今まで食べた和食の中で一番美味しかった。
今まで生きてきた中で、一番幸せです」と言っても過言ではない。

お店は雑居ビルの中にあり、エレベーター乗っても「ちょっと古いな」という感は隠せない。
つまり、入店前はさほど期待していなかったわけだ。

ところが、エレベーターを降りて店へ進むと…うん、いいね。落ち着いたお洒落感。
若い子たちはちょっと気後れするぐらいの静謐さがあるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこには、お店の人が待っていてね、「お待ちしておりました。」と。
本当に待ってたのか、たまたまそこにいたのかは知らないが、演出的にはうれしいよね。

席はこのカウンタ。写真撮り忘れたのでお店のウェブサイトから拝借した。

ここ大将とお弟子さん?が目の前で料理をして提供してくれる。
料理している手元とか見てもわけわからんが、ライブ感があってこういうのもいいよね。
ちなみに個室もいくつかあるようなので、接待あるいは密談に使いたい人はそちらへどうぞ。

では、料理の紹介へ進んでみよう。該当コースのお品書きはこれね。

まずは1品目、柿をくり抜いて、柿玉と車海老をアーモンドクリームを上に乗せたもの。
柿と海老って合うんだ!?意表をつかれる一品。

2品目は前菜シリーズ。
実は、自分は銀杏が嫌いなんだが、これは食べれてしまった。

最近いろいろ気づくことがあるが、嫌いな食べ物は本当に嫌いなんじゃなくて、前に食べたものが不味かっただけ。本当にいい食材・いい料理なら食べれるものがあるということに。

3品目は椀もの。「上品なお味」とは、こういうことか、という一品だね。

4品目はお刺身。トロ・アジ・タイ・イカね。
これも、レモンをくり抜いて細かい氷を詰め、その上に魚が来るという手の込みよう。

5品目は…一言で言うとTKG。卵かけご飯。


説明をしてくれたが、失念した。何か良い卵(説明になってないね…。)であえたご飯の上にウニとキャビアを乗せた一品。「これどうやって食べればいいですか?」と聞くと「一口でパクっといっちゃってください。」とのこと。たぶん、今までに食した一口の中では最も高価な一口になったのではないだろうか。。。こういう仕掛け的なものも面白いよね。

昔、嫁さんと行った居酒屋のメニューにTKGと書いてあって、嫁さんに「これ何だと思う?」と聞かれて、予想がつかず苦し紛れに「T…た・か・ぎ ゆたか」と答えてグーパンされたのも懐かしい思い出だ。

6品目に鴨。

設定的にはメイン料理ということになるのかな。付け合わせの野菜もGOOD!

7品目に鯛鍋。

苦手な白子が入っていて、うーんと思ったが、出だしの銀杏と一緒で、食べたら食べれてしまった。
食わず嫌いもそろそろ卒業かなぁ。食わず嫌いといっても、一度食べた結果ダメだったんだけどね。

最後に、ご飯。これは唐墨茶漬けor黒毛和牛イチボ+トリュフが選択できる。
イチボの意味がわからんかったが、牛を選択。


「イチボ」とは希少性をはらんだもも部位のほんの一部分のことです。らしいよ。
無知でスマンの。検索して初めて知ったわ。

あとはデザートが出て終了。

 

以上で紹介おしまい。

味は言うまでもないのだが、見た目も美しい。そして、感動したのが、量が適切だということ。
通常、懐石料理とか頼むと、途中でお腹いっぱいになっちゃって、そこから先はまぁ惰性で食べるというか、貧乏性なだけに「残したらもったいない!」という気持ちだけで食べることが多い。
しかし、今回は食べ終わって初めて満腹になったな(しかも苦しいほどじゃない。)、という印象。
大食漢が行けばどうかわからんが、一般的な大人が食事をするにはこの上ない配分だと思う。

そして、お酒を飲みながらでも味が邪魔をしない。日本酒以外の選択肢も全然アリだと思う。
現に、隣の席でIT社長と秘書みたいな組み合わせ(個人的な妄想ね。)のカップルがいて、白ワインを飲んでいた。

さて、今回は二人で食事して飲み物3杯のんで、計2万円ちょいのお会計。
ダイナースなかったら3万5千円ちょいかな。ありがとう、ダイナース。
エグゼクティブダイニングの趣旨は「まずは自分の店の味を試してもらいたい。」なので、そういう意味では成功というか、僕はそろそろダイナースとはお別れする予定だけど、この店は自腹でもいいから、もう1度来たいと思わせるだけの印象を持った。

デートで来るにもいいんじゃない?と言っても20台前半の子とかには受けないかも。たぶん“高い”だけで良さが伝わらない。どっちかと言うと30歳前後ぐらいの子と来るのがオススメ。ご参考まで(何の?)ww