ブログ村のマイレージ新着記事にガチな経済論が紛れ込んでいた件

自分にとってブログ村のマイレージ新着記事はポイント獲得の上で重要な情報源となっている。
ほんと皆さんマメというか、結構なリアルタイムでマイル大量獲得案件の解説などを載せてくれている。おかげで自分で調べる手間が省けるというか、時間のない自分にとっては欠かせない存在だ。

数日前のことだが、いつものように新着記事の一覧を一通り眺めてみると、「財務省が日本を滅ぼす、プライマリーバランス黒字化目標は撤回すべき」という記事があった。

通常、このカテゴリはポイントサイト案件の紹介(「一撃〇〇ポイント獲得!」とか「お得な~教えます。」的な。)、あるいは、特典航空券で行った旅行記、修行僧の経過報告などがほぼ全てであって、それ以外の記事というのはごく稀だ。
だからこそ、この記事は異質で注目してしまった。(それが狙いのカテゴリ違いか?)

この記事以外にもチラチラっと眺めてみたが、国の借金と経済ネタについて相当マトモなことを書いていると思う。
自分がこの手のことを勉強したのは10年ほど前の話なので、今となっては解説できるほど経済情報にキャッチアップしていないが、その頃の知識から考えても、納得する点が多い。

そもそもデフレ環境下で実質GDPを根拠に経済を考えるのは妥当とは言い難い。
物凄く乱暴に言えば、下駄を履かせて身長を高く見せてるだけで、実際はチビのままということだ。
あなたが女性なら、シークレットブーツ履いて180cmあると言ってる男はいい男と言えるだろうか?
普通そう思わないよね。本当に身長が180cmになったなら価値があるだろうが。でも日本はそうじゃない。(例えが滅茶苦茶過ぎるか?)

だいたい、実感として景気良いか?せいぜい現状維持ぐらいの感覚でしょ。
名目GDP・実質GDP・景気の実感などは、解説的にはこのブログがわかりやすいかな?
検索で出てきただけだが、勝手にリンクさせてもらおう。

マイラーの皆さん、海外旅行行った時に感じない?行く度に物価上がってないかって。
そういう時に勝手に、今は円安だから仕方ないかーと1ドル80円時代とかと比べてない?
いやいや、現地通貨建てで考えても上がってるとこ多いでしょ。アメリカだってヨーロッパだって。アジア圏の多くもそうじゃないか?

はるか昔オーストラリアに留学という名の遊学に行っていた頃のことだが、記憶違いでなければ、500mlペットのコーラは1ドル~2ドルの間だったと思う。
円高だったのもあって100円で買える感覚だったんじゃないかな。
でも、今や3ドル~4ドルが普通(日本円で250円か~350円)らしい。
会社の後輩が新婚旅行でオーストラリアに行ったが、物価に驚いてたよ。
日本だったら、それコンビニで買う1.5リットルの定価だろう!と思うよね。

国民にとって経済というのは統計上の数値がどうとか言うよりやはり実感が大切だ。
給料は上がらない、社会保険料は上がる一方、税金も上がる一方。景気がいい要素は一つもないじゃない…。
これから収入が伸びると思えば、ちょっとくらいお金使ってもいいかと思うが、現実はそうじゃない。減る一方だ。残念だね。

経済の処方箋は常に「自分で穴を掘って埋める」。これでオケ。
アメリカだってリーマンショック後にやったのは、ケインズ方式。ザ・公共事業。
日本では悪の権化とされる公共事業。何で悪なのか?こういうのもクリティカルに疑問を持って考えるべし。
国債発行残高の話と天下りの話と不要な公共施設の話(まぁこれはこれで問題だけどな。。。)辺りを勝手にリンクさせてない?

財源はどうするの?財源は国債でいいよ。なんなら日銀が直接買い付けすればいい。
インフレになる?いやいや、「やれるもんならやってみろよ」と喧嘩売りそうなぐらい無理だと思うぞ。

最後にどうでもいい豆知識。日本銀行は上場企業である。JASDAQに上場してるから、パンピーでも日銀の株買えるぞ。コードは8301ね。https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8301を参照。
厳密には企業じゃないし、株式じゃなくて出資証券な。昔、上場していることを知った時は驚いたなぁ。あぁ懐かしい。

投資的には何の魅力もないが、「俺、日銀の株主だから。」って言うとカッコいいかもしれん。
まぁコンパで言っても女の子にウケるとは思えんけどな。
若い読者の方がいたら試してみるといい。報告を待っている。どちらかと言えば撃沈する方のなwww