V3になった件 陸マイラーのクレカはやっぱりANAワイドゴールドだね

もちろん仮面ライダーの話ではない。

陸マイラー御用達のANAワイドゴールドを使っているわけだが、この1年間の利用額がとうとうV3に達した模様。これでマイル換算率1.72%実現できるね。

しかし、300万円か…数字にしてみると恐ろしいな。家計費にかかる支払いはすべてこれに集約してるからね。電気代・ガス代・テレビ代・保険代・食糧費などなど。それに加え、今年はたまたま両家の親を旅行に招待したり(仕事を理由に孫の面倒相当押しつけてるしね…。)、家電製品買い替えの時期でいろいろと高額品買ったし、来年のSFC修行用のチケット関係もいくつか決済済みだしね。そういうのも重なってV3になったが、まさに家計は火の車だ。決して喜ばしい話でもない。

とは言え振り返ってみるとカード利用分だけで4万~5万マイルは貯まっている計算になる。
これが、来年同額使えばさらに追加されることになる。
やはりクレジットカード分も無視できない数字だ。ポイントサイト万歳的な紹介が多いと思うけど(まぁ実際そうなんだけどな。)、クレカ決済もバカにならないですよーということだ。
企業経営と同じで固定収益は大事。固定客・ルート営業を疎かにすると足元から崩れてくでしょ。そういう感覚は何をするにも大事なんじゃないのーと思ったりする。

クレカもかつては無料あるいはそれに近い値段でいいのがあったのにね。
今は、ほぼほぼ絶滅してしまった。

ひと昔前は、漢方スタイルクラブカードという名前からはドコのお店のカードなのやら不明なカードがあって、自分もこれをメインに使っていた。
確か年会費は1,500円+税だった。このカードは還元率が良いだけではなく、他の多くのカードではANAマイルにするのに交換手数料が必要だったが、これが無料だった。さらにnanacoにチャージして使える上、それにもポイントが付くという、まさに三重取りも可能な優良カードだった。
これで税金の支払いをしたりQUOカード1万円分を買って買い物をしたりと様々な使い道があった。
しかし、皆が紹介しまくったからなのかJACCSの経営が危ないからなのか、ある時からnanacoチャージは0.25%だけになり、これでは、YJカードや楽天カードにも負ける始末。いつからか通常の買い物分の還元率も悪くなり、そして、とうとうカードそのものが廃止に追い込まれてしまった。

これに代替するカードとしてエクストリームカードという何やらヤンキーか中2病っぽい名前のカードがあった。年会費は確か3,000円+税だと思ったが、年間30万円の利用で無料になるというものだった。(記憶違いだったらごめんね。)1.35%程度の還元率があったハズだが、これも先日とうとう廃止になった。発行元は同じくJACCSだ。

もう現状、無料でANAマイルを貯めるのにコレだというカードは存在しないと思う。しいて言えば三井住友VISAエブリプラスぐらいか。確か1.48%だっけかな?ぐらいまで持ってこれたと思う。

しかし、これで満足するならそもそも陸マイラーなんて目指すのはチョットどうだろう?年会費ぐらいいいんじゃない?払えば。結論は多くの陸マイラーブログで言われている通りANAVISAワイドゴールドでしょう。これで1.72%目指すしかない。
あとはサブでJCB(もしくはDiners・Amexなど)をキャンペーン時にゲットして使うぐらいかな。実際のところ、VISA・Masterは使えるがJCBやAmexは使えない。あるいはその逆という店がたまにある。ちなみに金さえ出せれば(とは言ってもインビテーションが届くのを前提としてだけど)ダイナースプレミアムは3%の還元率を叩き出せるが、これは万人が入手できるものではない。

そう言えば、Dinersは入会時に一悶着あったなー。ハピタス経由で作ったが、ハピタスからもポイントが付かず、Dinersの入会キャンペーンも適用されないという謎の事態に陥り、ハピタスには問い合わせした結果、しばらくしてポイントが付いた。

ところが、Dinersはポイントサイト経由で来た場合は入会キャンペーンは適用されないの一点張り。しかし、ドコを見てもそんなセリフは一言も書いてない。ハピタスの獲得条件にも、Dinersの入会ページにも。むしろ、入会案内のページには、「このページから入会した場合に適用」とちゃんと書いてある。とある陸マイラーブログに二重取りできたと報告があり、不公平じゃないか?と問いただすも、昔はそうだったかもしれんが、今はやってないと言う。
昔っていつのことなのか?この人の場合は最近じゃないか?どこにそんな発表があるのか?そもそもこのページから入会したらと書いてあるのに適用しないのは消費者を騙しているんじゃないのか?と追及した結果、入会ボーナスポイントが付与された。
つまり企業側からは証拠を提示できなかったということだ。

実際のところ、入会キャンペーンのポイント的なものは一般の商品で言う値引きのようなものなので、表示しておいて適用しないとなるとチョット問題になるんだよね、確か。(うろ覚えね。もし間違ってたら申し訳ない。)
例えるなら、2割引き!って書いてあった商品をレジに持っていってクレジットカードで決済したら定価に戻り、後出しで「クレカ払いの場合は割引適用除外でーす」って言われたら詐欺でしょ。さらに返品不可。お金も返却しませんなんて言われた日にゃ目も当てられない。そんな感じ。

皆さん、こういう事態に陥ったらちゃんと交渉しましょう。ゴネちゃ人間性が疑われるが、理屈として正しさを証明できるならちゃんと主張すべし。相手だってちょっとポイント渡してクレカ使ってもらった方がありがたいわけだしね。事実、加入から3年で数百万円は決済した。十分元取れたでしょ?三井住友信託銀行さん。正当な交渉をすることは決して間違ってないと思いますよ。NO泣き寝入り。

しかし、こうした過去があったからか、退会する時は全く引き留められなかった。こういう記事もあったので、ちょっと期待してたんだけどね。
ダイナースクラブカードを解約しようとしたら引き止められました (節約生活と海外旅行)

最も数百万程度の決済じゃダイナース顧客の中では下の下という可能性も否定できないけどな。
あるいは、ここ1年はANAワイドゴールドに全振りしてたからというのもあるかもしれない。

いずれにしても、しばらくはANAワイドゴールドでいくことになるかな、というお話。