≪旅行記≫特典ビジネスで行くマルタ島一人旅Day7  仁川アシアナラウンジ→アシアナ搭乗 編

前回の続き)

さて、無事搭乗したが、やっぱ帰りの方が疲れるよね。行きは、これから行くぜ!って感じのテンションだが、帰りはその逆だからな。

予告通り簡単に機内食の紹介だ。

フランクフルト→仁川なので韓国食もある。
が、自分は洋食をオーダー。
英語のメニューはホントよくわからんのよ。
知らない単語も満載だ。ということで知ってる単語から推測して注文する。

なかなか美味。パイに添えられたソースが上手くマッチしている。

シャンパンも飽きたのでビールにする。
うーん、これはあんまり好きくない。
ちなみに画面に映っている映画は『ちょっと今から仕事やめてくる』。
旅行帰りで、「はー明日からまた仕事だな。やれやれ。」と思っている時に見ると、本当に仕事辞めたくなるから見ない方がいいぞ笑

メインはガチョウだっけかな。味は…忘れた。さっきのパ包みのやつと違って何の記憶もない。
つまり別段美味しくもないし、不味くもない、ということだろう。

そして…この便のCAはなんかイマイチだった。なんていうかタイミングが悪い。
機内販売を依頼したらなかなか来なく、その内、寝落ちしてしまい、起きてから「機内販売の件は?」と聞くと「あなたが寝てたから…」とか言う始末。で、すぐ来てくれるからと思いきや、「機内販売は別の人の担当で、いま休憩中だから後で来る」とか言うし。

そして、またもやなかなか来ない。で、到着直前の食事時間になりいい加減、免税品販売終了の時間だろうと心配になって再度聞いてみると、「大丈夫。覚えてる。食事の配膳終えたら来る。」だとか。

さらにショッパイのが商品そのもの。Steiffとlufthansaコラボ?のテディベアを買ったが、 写真とだいぶ違う。色の違いはまぁ印刷の都合とかもあるから仕方ない。ただ、なんて言うの?偽物のミッキーと出会った感じ?あるいは布団圧縮袋でいったん圧縮したのを袋から出しました的な感じ。同じぐらいの値段でANAの熊さんなら2個セット買えるし、クオリティもそっちの方が高い。

この2点のせいで、なんとなく帰路のルフトハンザはいい思い出とはならなかった。

オマケで朝食の紹介だ。

見た目イマイチな写真ですまないが、味はまぁまぁだ。
ピスタチオのやつが美味しかった。

さて、仁川について時間潰し。やはり、ラウンジでしょう。
アシアナラウンジへGO。

エスカレーターの手前にラウンジの看板がある。
そこから上に登って、

受付はこんな感じ。韓国的な美人さんがお迎えしてくれる。
左右にラウンジの入り口がある(写真で言うと奥と背面)ので、どちらに行けばいいか?と聞くと、どちらでもOKだよ、とのこと。とりあえず奥に進んでみよう。

なかなか素敵なラウンジだった。謎のアメリカ人(たぶん)が勝手にピアノを弾きだしてビビったが、腕前はまぁ中級って感じ?同行してた彼女に聞かせたかったみたい。下手くそだったら災難そのものだが、まぁそれなりに気持ちは伝わったんじゃなかろうか。

韓国と言えば辛ラーメンか。勢いで食べてみたが、辛いの得意じゃないからチト後悔。

酒類とか。

パン類とか。

サラダとか。

サンドイッチとホットミール。チャーハンと焼きそば的なものだったと思う。

その他、普通にコーヒーとかソフトドリンクとか充実。写真も撮ったのだが、鏡張りのため、自分が一部写っていたのでアップロードを断念。まぁ腕だけとかだから顔バレすることはないんだけどね。

もうお腹いっぱいなので、撮影のためとはいえ食事を運ぶ気にもならずソファで寛いでいると…「アシアナなんとかー名古屋なんとかー」と韓国語でアシアナ航空のグランドスタッフが言っている。
韓国語はわからんので、英語で聞いてみる。
「名古屋行きの便のこと何か言ってた?」
「ええ、ボーディングパスありますか?一緒にデスクまで来てください。」
「何か問題でもあったんですか?」
「機材が遅れていて、出発もだいぶ遅れそうです。」
マジか?まぁラウンジで寝てればいいか…と思っていると
「あ、そこまででもないですね。30分遅れです。」
と言ってボーディングタイムとゲートを書き換えてくれた。
アナウンスは英語も混ぜて欲しいなぁ。韓国語で言われてもわからんがや。
後に知ったが、仁川は定時運行率は世界最低いらしい。

帰る前に反対側のラウンジも行ってみたが、こちらも食べ物は変わらず。
シートがややフツーな感じだったかな。人数も少なかった。
落ち着いて過ごしたい人はこちらがいいだろう。
こっちなら勝手にピアノを弾きだすアメリカ人はいない笑

30分遅れの予定がもうちょい遅れて搭乗時間となる。
さて、アシアナに搭乗。記憶にある限り、初アシアナ。

しかし遅れてるからか、やはりキレてる客がいて…日本人かよ。恥ずかしいからやめてくれ。
うん、なんかチンピラちっくな奴らが。CAさんたち大変だな。
これだからエコノミーとか乗りたくないんだよねー。

シートはなかなか良いよ。
ホーチミン行きのANAより全然OK。

ドリンクメニュー

ワインもあるよ。

しかし酒類ももう飲み疲れていらない…水にしよう。

食事メニュー。

それにしてもこんな短距離なのにちゃんと食事出るんだね。

ルフトハンザのより美味しいわ。接客もアシアナの方がいい。
CAさんも日本便だからか片言の日本語を一生懸命話そうとしていて、そういう姿にも好感が持てる。

一つだけ残念なのは「東海」と表示していることだな。
まぁ機内は韓国領だから当然と言えば当然だが、ビジネスライクに日本語表示の時は日本海と書けば、また乗る気になるんだけどな。個人的にはマイナス評価だ。

ザ・夕焼け。旅行も終わりだなーという気分に浸る。

琵琶湖の辺りでまだ食事をしている人がいたが、さすがに下げられる。
名古屋までもうちょいやで…。

ということで無事セントレア着。